文化の科学的理論

B.マリノフスキー 著 ; 姫岡勤, 上子武次 訳

[目次]

  • 目次
  • 序文
  • 文化の科學的理論
  • 一 科學的研究の對象としての文化 / 3
  • 二 人文學者のための科學の最小限の定義 / 7
  • 三 人類學の槪念と方法 / 16
  • 四 文化とは何であるか / 42
  • 五 組織的行動の理論 / 49
  • 六 組織的行動の具體的な獨立單位 / 59
  • 七 文化の機能分析 / 75
  • 八 人間性とは何であるか / 84
  • 九 文化的要求の派生 / 95
  • 十 基本的要求と文化的反應 / 101
  • 十一 派生的要求の本質 / 134
  • 十二 人間文化の統合的至上命令 / 147
  • 十三 手段を通じて遂行される生命活動系列 / 153
  • 機能理論
  • 一 胎生學と產科學 / 163
  • 二 機能主義の一般公理 / 166
  • 三 機能の定義 / 171
  • 四 機能主義の素描 / 174
  • 五 文化分析の正當な獨立單位 / 176
  • 六 制度の構造 / 177
  • 七 機能の槪念 / 184
  • 八 要求の理論 / 187
  • 九 結語 / 191
  • ジェームズ・ジョージ・フレーザー卿
  • 序論 / 193
  • 一 フレーザーの人格と業績における矛盾 / 194
  • 二 民族學理論の發展においてフレーザーが占める位置 / 202
  • 三 若干の特殊理論の批判的分析 / 212
  • 四 人類學の將來 / 228
  • 解説
  • 譯者のあとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文化の科学的理論
著作者等 Malinowski, Bronislaw
上子 武次
姫岡 勤
B.マリノフスキー
書名ヨミ ブンカ ノ カガクテキ リロン
出版元 岩波書店
刊行年月 1958
ページ数 280p 図版
大きさ 19cm
NCID BN01178295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59001060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想