家族関係の病理と治療

ネーサン・W.アッカーマン 著 ; 小此木啓吾, 石原潔 訳

家族生活の精神力学 下;文献紹介: p305~319 付: 参考文献

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • もくじ
  • 第10章 夫婦関係の障害 / p1
  • 第11章 父母としての障害 / p20
  • 母親であることの障害 / p28
  • 児童との情緒的相互作用 / p30
  • 結婚と子どもに対する女性の動機づけ / p32
  • 家族としての役割に影響される母性行動 / p37
  • その女性のパーソナリティから影響をうける母性的行動 / p39
  • 体質的要因に影響される母性的行動 / p40
  • 文化型に影響される母性的行動 / p41
  • 児童養育に対する共同責任 / p48
  • 父親であることの障害 / p49
  • 第12章 児童期の障害 / p67
  • 第13章 青年期の障害 / p97
  • 現代の変化しつつある世界における青年 / p101
  • 青年とその変化してゆく自己 / p108
  • 青年とその防衛 / p125
  • 青年の臨床的診断 / p134
  • 第14章 青年の"精神病質的"行為と家族の障害 / p140
  • 臨床的説明 / p149
  • 第15章 心身症と家族の障害 / p159
  • 高血圧と家族 / p161
  • 皮膚の障害と家族 / p167
  • 小児喘息 / p171
  • 第3部 治療篇
  • 第16章 現代の精神療法 / p183
  • 第17章 精神療法の技術 / p197
  • 母親治療 / p211
  • 児童治療 / p216
  • 青年の治療 / p220
  • 第18章 精神療法の目標 / p230
  • 第19章 統合的家族療法 / p243
  • ある家族の症例研究 / p248
  • 第4部 展望篇
  • 第20章 家族研究の諸問題 / p265
  • 第21章 価値観,家族構造,精神的健康 / p286
  • 文献紹介 / p305
  • 訳者あとがき / p321
  • 索引 / p335

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 家族関係の病理と治療
著作者等 Ackerman, Nathan Ward
小此木 啓吾
石原 潔
ネーサン・W.アッカーマン
書名ヨミ カゾク カンケイ ノ ビョウリ ト チリョウ
シリーズ名 現代精神分析双書 ; 5
出版元 岩崎学術出版社
刊行年月 1977.2
ページ数 364p
大きさ 22cm
NCID BN01177656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78006594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想