翻訳とはなにか : 日本語と翻訳文化

柳父章 著

翻訳は日本語と日本文化に何をもたらしたか?-日本人の思考を支配する「翻訳日本語」への照射によって日本文化論に新たな視角を導入した著者が、近代初期の思想家・文学者による西欧語受容過程を具体的に検討し、「意味以前のことば」として流通する翻訳語特有の現象を"カセット効果"として理論化する。われわれにとって翻訳とはなにかを根底から問いなおすとともに、日本語の現状を捉える重要な手がかりを提示する。

「BOOKデータベース」より

翻訳は日本語と日本文化に何をもたらしたか?-日本人の思考を支配する「翻訳日本語」への照射によって日本文化論に新たな視角を導入した著者が、近代初期の思想家・文学者による西欧語受容過程を具体的に検討し、「意味以前のことば」として流通する翻訳語特有の現象を<カセット効果>として理論化する。われわれにとって翻訳とはなにかを根底から問いなおすとともに、日本語の現状を捉える重要な手がかりを提示する。

「BOOKデータベース」より

翻訳は日本語と日本文化に何をもたらしたか?-日本人の思考を支配する「翻訳日本語」への照射によって日本文化論に新たな視角を導入した著者が、近代初期の思想家・文学者による西欧語受容過程を具体的に検討し、「意味以前のことば」として流通する翻訳語特有の現象を「カセット効果」として理論化する。われわれにとって翻訳とはなにかを根底から問いなおすとともに、日本語の現状を捉える重要な手がかりを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「カセット効果」の説
  • 第2章 翻訳語「権」
  • 第3章 翻訳語「自由」
  • 第4章 societyの翻訳語
  • 第5章 カセット文化論
  • 第6章 翻訳語「彼」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「カセット効果」の説
  • 第2章 翻訳語「権」
  • 第3章 翻訳語「自由」
  • 第4章 societyの翻訳語
  • 第5章 カセット文化論
  • 第6章 翻訳語「彼」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「カセット効果」の説
  • 第2章 翻訳語「権」
  • 第3章 翻訳語「自由」
  • 第4章 societyの翻訳語
  • 第5章 カセット文化論
  • 第6章 翻訳語「彼」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳とはなにか : 日本語と翻訳文化
著作者等 柳父 章
書名ヨミ ホンヤク トワ ナニカ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1976
版表示 新装版
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 458843604X
NCID BA52067595
BA62013107
BN01175060
BN02551598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75012156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想