形状記憶合金とその使い方

大阪科学技術センター形状記憶合金用途開発委員会 編

本書は技術系の一般社会の人々はもちろん、現在形状記憶合金の研究あるいはその用途開発に携わっている人などにも役立つように、形状記憶効果と擬弾性効果に関して、また、合金別にも、それらの金属学的な基礎学問から、どのような性能が何故出現し、どのような点に注意しなければならないかなどをできるだけ正確にかつ平易に解説し、とくに応用・利用に重点が置かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 形状記憶合金とは
  • 2 形状記憶合金の使い方
  • 3 多彩な形状記憶合金の応用
  • 4 実用合金の作り方とその特性
  • 5 形状記憶素子の設計と加工

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 形状記憶合金とその使い方
著作者等 大阪科学技術センター
大阪科学技術センター形状記憶合金用途開発委員会
大阪科学技術センター・形状記憶合金用途開発委員会
書名ヨミ ケイジョウ キオク ゴウキン ト ソノ ツカイカタ
書名別名 Keijo kioku gokin to sono tsukaikata
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 1987.6
ページ数 268, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4526022012
NCID BN0117114X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87044969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想