電気伝導性酸化物

津田惟雄 ほか編著

電気伝導の基礎的な概念、理論、酸化物の各論から、最近進展の激しい「高温超伝導体」の話題、文献までを盛るこの分野で唯一ともいえる専門書。他分野の研究者にはレヴューの役割も果す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 電気伝導性酸化物の概観(高い電気伝導性を示す酸化物
  • 酸化物伝導体の分類
  • 各結晶構造別の概要)
  • 2. 電気伝導の理論(固体内の電子状態と結晶の対称性
  • クーロン相互作用
  • 比熱と磁化率
  • 伝導現象)
  • 3. 酸化物各論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電気伝導性酸化物
著作者等 柳瀬 章
津田 惟雄
白鳥 紀一
書名ヨミ デンキ デンドウセイ サンカブツ
シリーズ名 物性科学選書
出版元 裳華房
刊行年月 1987.7
版表示 増補版.
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 4785326042
NCID BN01166795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87049127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想