叢書民法総合判例研究  39

民法総合判例研究刊行会 編

本書では下級審判決の実態にもできるだけ目を注ぎ、裁判上争われた使用者責任をめぐる問題点をひろく探り出すようこころがけている。実務家の便宜をできるだけ図り、合わせて、後続の研究にとり参考となりうる資料をなるべく多く提供。若干の判決例から予め得た示唆等を基礎に多くの分析視点を設定し、それに沿って判決例を類型的に整理しつつ、分析・検討するという手法を基調としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 使用者責任の成立要件(責任主体としての「使用者」
  • 使用関係の存在
  • 「事業ノ執行ニ付キ」
  • 「職務の範囲」に対する相手方の信頼の処遇
  • 加害被用者の有責性
  • 第三者の範囲
  • 免責事由)
  • 2 使用者責任の効果(使用者の責任の内容・範囲
  • 使用者の責任と被用者の責任との関係および一方の他方債務への影響
  • 使用者の責任の消滅
  • 求償の問題)
  • 3 代理監督者責任(代理監督者責任の要件
  • 代理監督者責任の効果)
  • 4 使用者責任の機能-他の制度との関係(表見代理ないし表見責任との関係
  • 不法行為に関する他の規定との関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叢書民法総合判例研究
著作者等 神田 孝夫
民法総合判例研究刊行会
書名ヨミ ソウショ ミンポウ ソウゴウ ハンレイ ケンキュウ
書名別名 使用者責任
巻冊次 39
出版元 一粒社
刊行年月 1978.10
版表示 新版
ページ数 147, 4p
大きさ 21cm
ISBN 475270272X
NCID BA3876093X
BN01155868
BN03529390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78035124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
使用者責任 神田 孝夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想