日本古文書学論集  8

日本古文書学会 編

室町・戦国時代の幕府文書を中心に、この時代の武家文書の古文書学的研究に大きな意義を有する17篇の論文を選び収録した。解説では研究論文目録を兼ねて、できるだけ多数の関係論文を掲げ、それぞれの古文書学研究上の位置づけについて述べ、研究の現状と課題が概観できるようにした。武家文書の料紙・花押さらには伝来等について触れたのも特色の一つである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 室町時代の幕府とその文書(中世の檀紙と御判御教書
  • 将軍義教と御前落居奉書の成立
  • 公文と坐公文
  • 南北朝・室町期の過所発給について
  • 室町幕府と琉球との関係の一考察)
  • 第2章 戦国時代の幕府とその文書(室町幕府の権力権造
  • 応仁の乱以降における室町幕府の性格
  • 室町幕府奉行人奉書の充所
  • 室町幕府「別奉行」についての基礎的考察
  • 室町幕府奉行人についての一考察
  • 将軍足利義晴期における御前沙汰)
  • 第3章 武家文書の伝来と花押(武家に於ける古文書の伝来
  • 或る個人の花押に就いて
  • 足利直冬の花押
  • 足利持氏の花押について
  • 寒川家光の花押について
  • 花押の中世的展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古文書学論集
著作者等 上島 有
中村 直勝
今枝 愛真
佐藤 博信
太田 順三
小林 保夫
小泉 義博
日本古文書学会
桑山 浩然
武田 修
清水 久夫
田中 健夫
相田 二郎
重永 卓爾
青山 由樹
青山 英夫
飯倉 晴武
書名ヨミ ニホン コモンジョガク ロンシュウ
書名別名 中世. 4 室町時代の武家文書
巻冊次 8
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.7
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 464201263X
NCID BN01150911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87046753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中世. 4 室町時代の武家文書 上島有
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想