江戸温泉紀行

板坂耀子 編

有馬・熱海・箱根・草津など、今も栄える温泉町に、江戸後期、どういう人が、どのようにして出かけたのか、湯治の毎日はどう過ごしたのか。往復の道中、現地での客同士の交流、温泉のようすなどを生き生き描いた紀行5冊。今はなき湯倉温泉の貴重な記録も。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 滑稽有馬紀行(文政十年刊・大根土成)
  • 有馬日記(天明元年・本居大平)
  • 玉匣両温泉路記(天保十年・原正興)
  • 湯倉温泉紀行(天保十二年・一方軒玄英)
  • 旅のくちずさみ(寛政七年・坂本栄昌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸温泉紀行
著作者等 本居 大平
板坂 耀子
一方軒 玄英
原 正興
坂本 栄昌
大根 土成
書名ヨミ エド オンセン キコウ
書名別名 Edo onsen kiko
シリーズ名 東洋文庫 472
出版元 平凡社
刊行年月 1987.8
ページ数 322p
大きさ 18cm
ISBN 4582804721
NCID BN01147699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87055646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
旅のくちずさみ 坂本栄昌
有馬日記 本居 大平
湯倉温泉紀行 一方軒玄英
滑稽有馬紀行 大根 土成
玉匣両温泉路記 原正興
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想