沼正也著作集  3 (家族法の基本構造)

沼正也著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 家族法の基本構造 / p1
  • 第一 緖論
  • 一 民法典 / p2
  • 二 市民社会と市民社会法 / p4
  • 第二 総論
  • 一 財産法と家族法 / p7
  • 二 総則規定 / p15
  • 第三 各論
  • 一 総説 / p23
  • 二 夫婦法 / p24
  • (一) 関係法としての夫婦法 / p25
  • (二) 保護法としての夫婦法 / p35
  • (三) 夫婦相互の独立性 / p37
  • 三 親子法 / p39
  • (一) 関係法としての親子法 / p40
  • (二) 保護法としての親子法 / p50
  • (三) 親子相互の独立性 / p56
  • 四 狭義の親族法 / p57
  • (一) 関係法としての狭義の親族法 / p59
  • (二) 保護法としての狭義の親族法 / p59
  • (三) 狭義の親族相互の独立性 / p68
  • 民法における非対称性理論 / p69
  • 『会談録』に現われた連合国当局の民法改正に関する助言とその法理論 / p72
  • 一 本稿の端緒
  • 二 いわゆる『会談録』の性格
  • 三 総則編ないし債権編の改正点をめぐって
  • 四 親族編の改正点をめぐって
  • 五 相続編の改正点および附則の定立をめぐって
  • 六 むすび
  • 『民法中改正法律案に関する総司令部政治部係官との会談録』について / p142
  • 一 まえがき
  • 二 その全文
  • 近代家族法の論理構造のなかでの精神病離婚原因 / p201
  • <お断わり>
  • 一 限定
  • 二 ここでの端緒としての『会談録』
  • 三 諸学説の非正視性
  • 四 試論
  • 遺言制度の論評 / p231
  • 一 遺言の実用法学的理解
  • 二 理論法学からする遺言制度の跡づけ
  • 胎児と出生 / p240
  • 動産と不動産 / p243
  • YとSとの肖と不肖 / p249
  • プラハに舞い込む法律論文 / p253
  • 個人の独立性の高い社会 / p258
  • チェコスロバキアの大きさ / p260
  • The Mechanism to Attain the Ideals of the Modern Law and Its Lateral Considerations on Family Law / p280

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 沼正也著作集
著作者等 沼 正也
書名ヨミ ヌマ セイヤ チョサクシュウ
書名別名 Numa seiya chosakushu
巻冊次 3 (家族法の基本構造)
出版元 三和書房
刊行年月 1984.12
版表示 新版
ページ数 280p
大きさ 22cm
NCID BN0114751X
BN01840206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85027118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想