労働法入門

外尾健一 著

労働法の基礎的な理論を、明快な論理と叙述によって展開。男女雇用機会均等法や労働者派遣法、昭和62年の労働基準法の改正をも織り込み、一層の充実を図った最新の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 労働法総論(労働法の対象
  • 労働法の形成過程
  • 労働法の性格
  • 労働法の法源
  • 日本の労働法の歴史
  • 労働基本権)
  • 第2章 労働団体法(労働組合
  • 団体交渉
  • 労働争議
  • 労働協約
  • 不当労働行為)
  • 第3章 労働保護法(就業規則と労働保護法
  • 採用
  • 配転・出向
  • 賃金
  • 労働時間
  • 休憩・休日・休暇
  • 懲戒
  • 労働災害
  • 労働契約の終了)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働法入門
著作者等 外尾 健一
書名ヨミ ロウドウホウ ニュウモン
シリーズ名 有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.3
版表示 第3版.
ページ数 339, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4641110530
NCID BN0114697X
BN01311340
BN02131038
BN11518720
BN11874747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88025755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想