地球科学講座  第11巻

新堀友行, 柴崎達雄共編

[目次]

  • もくじ
  • 第2版 序文 / 7
  • 初版 序文 / 9
  • 第1章 "人類紀"としての第四紀 (柴崎達雄・新堀友行)
  • 1.1 野尻湖の発掘 / 1
  • 1.2 第四紀研究の特徴 / 5
  • 1.3 日本の第四紀学の系譜 / 7
  • 1.4 第四紀研究の源流 / 10
  • 1.5 関連分野とのむすびつき / 14
  • 1.6 第四紀地質学の方法論 / 16
  • 1.7 第四紀研究の今後の課題 / 20
  • 第2章 人類の発生と発展 (新堀友行)
  • 2.1 人類の発生 / 25
  • 2.2 アジアの原人 / 35
  • 2.3 日本の旧人と新人 / 44
  • 2.4 日本人の起源 / 55
  • 第3章 生物相の変化 (亀井節夫・那須孝悌)
  • 3.1 第四紀の生物の研究法 (亀井節夫・那須孝悌) / 64
  • 3.2 更新世前期の生物相 (亀井節夫) / 69
  • 3.3 更新世中期の生物相 (大西郁夫・那須孝悌) / 74
  • 3.4 更新世後期および完新世の生物相 (亀井節夫・酒井潤一・河村善也・那須孝悌) / 79
  • 3.5 世界各地の更新世生物相 (亀井節夫) / 97
  • 第4章 第四紀の区分と編年 (市原実・吉川周作・柴崎達雄)
  • 4.1 更新世と完新世-地質年代区分の原則 / 105
  • 4.2 第四系の標準層序 / 107
  • 4.3 日本の第四系の標準層序 / 116
  • 4.4 層序学的地質調査法 / 125
  • 4.5 古地磁気編年と絶対年代 / 136
  • 第5章 第四紀の古地理的変遷 (熊井久雄・北川芳男・赤羽貞幸)
  • 5.1 第四紀の古地理図 / 144
  • 5.2 日本列島の古地理 / 146
  • 5.3 陸橋と段丘の形成 / 158
  • 5.4 ウルム氷期以後の古地理の変遷 / 167
  • 5.5 古環境と古生態 / 181
  • 第6章 第四紀の堆積層 (菊地隆男・倉林三郎)
  • 6.1 河成の地形と堆積物 (菊地隆男) / 187
  • 6.2 海成の地形と堆積物 (菊地隆男・高安克己) / 202
  • 6.3 火山成の地形と堆積物 (守屋以智雄) / 218
  • 6.4 重力成の地形と堆積物 (田村俊和) / 233
  • 6.5 風成の地形と堆積物 (長谷川正) / 243
  • 6.6 日本の氷食地形と周氷河現象 (酒井潤一) / 249
  • 6.7 堆積物の変質と土壌 (倉林三郎・松井健・永塚鎮男) / 256
  • 第7章 第四紀の構造運動 (羽鳥謙三・小玉喜三郎・鈴木尉元)
  • 7.1 日本列島の成立 / 276
  • 7.2 地形の形成と構造運動 / 284
  • 7.3 測地学的地殻変動 / 291
  • 7.4 地震と地殻変動 / 296
  • 7.5 第四紀構造運動の特性 / 300
  • 第8章 火山活動 (郷原保真・勝井義雄・守屋以智雄)
  • 8.1 火山の発達史と分布 / 306
  • 8.2 火山灰層位学 / 314
  • 第9章 第四紀学と生産 -人間と自然との関係を考える-(柴崎達雄・楡井久)
  • 9.1 自然と人間 / 330
  • 9.2 自然改造と災害 / 338
  • 9.3 資源開発と環境問題 / 342
  • 9.4 第四紀学の今日的意義 / 351
  • さくいん / 356
  • 付図:第四紀編年表(第四紀総合研究会編) / おりこみ図

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地球科学講座
著作者等 新堀 友行
柴崎 達雄
書名ヨミ チキュウ カガク コウザ
書名別名 第四紀
巻冊次 第11巻
出版元 共立
刊行年月 1982.7
版表示 第2版
ページ数 369p
大きさ 22cm
ISBN 4320045157
NCID BN01144624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82044950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
第四紀 新堀友行, 柴崎達雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想