天皇と山伏

大伴茂 著

[目次]

  • 目次
  • 口絵 / p1
  • 緒言 / p5
  • 第一篇 大化の改新と護国の行者 / p21
  • 第一章 役小角の出現 / p22
  • 第二章 小角の錬行 / p56
  • 第三章 小角の祈誓 / p70
  • 第四章 小角の回峯祈誓 / p95
  • 第五章 小角の遠流と最後 / p103
  • 第六章 修験の祈誓と修験道の成立 / p113
  • 第七章 修験の修法と修験道の成立 / p141
  • 第八章 修験の道場と修験道の成立 / p157
  • 第二篇 建武の中興と大義の山伏 / p211
  • 第九章 後醍醐天皇御討幕の秘謀と山伏の参画 / p212
  • 第十章 諸国山伏の総蹶起 / p228
  • 第十一章 金剛山伏と楠木一族(金剛山西腹) / p257
  • 第十二章 金剛山伏と大和の義軍(金剛山東腹) / p275
  • 第十三章 三輪山伏と西阿法印 / p285
  • 第十四章 熊野・南勢・伊賀の山伏と海族 / p310
  • 第十五章 和田山伏と和田一族 / p323
  • 第十六章 児島山伏と児島高徳 / p338
  • 第十七章 楠木正行と生駒山伏 / p344
  • 第十八章 金峯山伏と山伏宗信 / p350
  • 第三篇 昭和の維新と修験本道 / p367
  • 第十九章 徳川期における『山伏信仰』の傾向 / p369
  • 第二十章 徳川期における『修験』の理解 / p392
  • 第二十一章 徳川期における『山伏信仰』に生きぬいた道俗 / p407
  • 第二十二章 護国安民の諸方山伏 / p422
  • 第二十三章 昭和の維新と修験本道 / p436

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 天皇と山伏
著作者等 大伴 茂
書名ヨミ テンノウ ト ヤマブシ
出版元 黎明書房
刊行年月 1966
ページ数 442p (図版共)
大きさ 22cm
NCID BN01140984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66002154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想