均等法時代を生きる : 働く女性たちへの応援歌

大脇雅子 著

女性が生命を産む性として、生活者の感性を、失わずに働き続け、人間らしい働き方を身をもって追求していけば、いまの男性中心の経済基盤はいつかはゆるがざるをえない。これこそ、均等法が、法の究極に持つインパクトである。男も女も、職場で"共苦"を克服するために"共闘"をしなければならない。継続こそが力である。明日は今日の続きでしかない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 均等法への流れ
  • 2 均等法を職場で生かすために
  • 3 保護と平等をどう組みかえるか
  • 4 人間らしい労働条件の確立をめざして
  • 5 家庭責任は男女共同で
  • 6働いて生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 均等法時代を生きる : 働く女性たちへの応援歌
著作者等 大脇 雅子
書名ヨミ キントウホウ ジダイ オ イキル
シリーズ名 男女雇用機会均等法
有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1990.1
版表示 初版第3刷
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 4641180504
NCID BN01136502
BN06781964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想