モラリストの政治参加 : レイモン・アロンと現代フランス知識人

杉山光信 著

1983年10月17日、レイモン・アロンは名声の頂点にあって逝去した。しかし、その名声の意味する「透徹した知性」がアロンの素顔であったのだろうか。アロンは生涯学問と政治の関係、歴史の意味、知識人の役割などを考察し続けたが、彼にそうなさせたのは何だったのか。本書は、現代フランス思想史を背景に、アラン、サルトルなどと対比しながら、学者=ジャーナリスト、アロンの思考の足跡を辿り、今日の思想的課題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アロン以前のアロン
  • 第2章 ドイツ留学
  • 第3章 アロンの歴史認識
  • 第4章 マックス・ヴェーバー体験
  • 第5章 サルトルという両義的存在
  • 第6章 戦後思想のパラダイム転換

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モラリストの政治参加 : レイモン・アロンと現代フランス知識人
著作者等 杉山 光信
書名ヨミ モラリスト ノ セイジ サンカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1987.3
ページ数 195p
大きさ 18cm
ISBN 4121008340
NCID BN01121946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87028312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想