村岡町誌  通史 下巻

村岡町誌編纂委員会 編

[目次]

  • 村岡町誌 下巻 目次
  • 第一章 幕藩制の成立 / 1
  • 第一節 近世封建体制 / 2
  • 幕府の支配体制
  • 世襲官僚の武士
  • 第二節 山名禅高七美郡を知行 / 5
  • 関ケ原
  • 歴代の藩主
  • 陣屋諸藩士
  • 第二章 幕藩体制下 農民の生活 / 21
  • 第一節 農村の構造 / 22
  • 大庄屋
  • 村方三役
  • 百姓
  • 奉公人
  • 第二節 御用金と士分取立 / 33
  • 末代まで百姓は百姓
  • 富豊な百姓と士分
  • 第三節 触書法度 / 47
  • 農民の生活
  • 絹物を着られない百姓
  • 米を食えない百姓
  • 神棚も造られない百姓
  • 五月ひと月泣く児が欲しや
  • 村の休日
  • 第三章 検地と高年貢 / 71
  • 第一節 幕府の土地政策 / 72
  • 武士と農民との分離
  • 土地法令
  • 新開発地
  • 開発と世論
  • 第二節 検地と高年貢 / 78
  • 太閣と慶安検地
  • 享保の検地
  • 高と免
  • 年貢と雑負担
  • 年貢の内容
  • 第三節 農業の進展 / 102
  • 農民の成長
  • 備中鍬と金扱
  • 七美の名産物
  • 牛と麻
  • 旦那衆と貧農
  • 第四章 災害と飢饉 / 111
  • 第一節 天明の飢饉 / 112
  • がしん
  • 天明の飢饉
  • 難民対策
  • 天保の飢饉
  • 平八郎決起
  • 明治二年のがしんと救育所
  • 二百十日前後
  • 第二節 百姓一揆 / 129
  • 成長した百姓
  • 小代一揆
  • 歎願書の内容
  • 一揆の処理
  • 地並事件
  • 慶応一揆
  • 一揆川原に充満
  • 事件の終末
  • 第三節 山をめぐる争論 / 150
  • 後ロ山と大照山
  • 後ロ山事件
  • 儀兵衛の直訴
  • 山論の経過
  • 大照山事件
  • 第五章 補稿
  • 第一節 神社と修験者 / 174
  • 氏神の創建
  • 社家
  • 社家の記録
  • 社家と修験者
  • 第二節 寺院と堂 / 178
  • 寺院
  • 寺院の縁起
  • 村むらの堂
  • 堂の本尊
  • 第三節 木地師の集落 / 182
  • 綸旨と宗門手形
  • 木地師の免許
  • 木地師の社会生活
  • 木地師の住む山
  • 木地師の残したもの
  • 第四節 道路の改修 / 196
  • 道の発達
  • 因幡街道
  • 車の発達と道路改修
  • 第五節 開国 / 199
  • 黒船の来航
  • 日米修好通商条約
  • 第六章 伝承 / 203
  • 第一節 秀吉と七美 / 204
  • 射添強盗と秀吉軍
  • 秀吉と豪族
  • おたんの手掛松
  • 太閣清水
  • 秀吉と残党殲滅
  • 第二節 伝説七美 / 214
  • 東館とお殿さま
  • 兎の塚
  • 埋もれた大吊鐘
  • 龍の話
  • 和らぎの池
  • 秋葉さん
  • 尾白狐物語
  • 矢和の神さま
  • 俵石
  • 空山の蛇池
  • 若一王子社と殿さま
  • 七味の清水
  • 岩柿
  • 八幡さん
  • 作り観音
  • 黒田如水と黒田
  • 金ケ谷
  • 忠太の墓
  • よろい神社
  • 矢和の八幡さん
  • 第七章 村岡仇討 / 251
  • 第一節 物語村岡仇討記 / 252
  • 第二節 因府録 / 295
  • 但州村岡敵討御当地へ来る大略
  • 村岡町誌 下巻 図・表・写真目次

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 村岡町誌
著作者等 村岡町
村岡町 (兵庫県)
村岡町誌編纂委員会
書名ヨミ ムラオカ チョウシ
巻冊次 通史 下巻
出版元 村岡町
刊行年月 1982.3
ページ数 304p
大きさ 22cm
NCID BN01112242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82029509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想