日本の地方自治と地方財政

島恭彦, 宮本憲一 編

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • 1 自由民権運動と地方自治制 / 11
  • 1 近づく「一大政変の暴発」 / 11
  • 2 自由民権運動と地方民会 / 15
  • 3 府県会闘争と国会開設運動 / 20
  • 4 明治地方自治制の成立 / 27
  • 《参考文献》 / 30
  • 2 大正デモクラシーと地方自治 / 31
  • 1 明治地方自治制の矛盾 / 31
  • 2 普選と「自治体占領」 / 34
  • 3 地方財政危機と両税委譲問題 / 39
  • 4 郡制・郡役所廃止問題と広域行政 / 41
  • 5 長野事件前後 / 44
  • 6 大正デモクラシーの決算 / 50
  • 《参考文献》 / 52
  • 3 恐慌・戦争と地方行財政 / 53
  • 1 恐慌と地方行財政 / 53
  • 2 補助金政策の確立 / 61
  • 3 戦時行財政とその破局 / 68
  • 《参考文献》 / 77
  • 4 戦後の地方自治制度の成立 / 79
  • 1 敗戦と旧支配機構の解体 / 79
  • 2 アメリカの占領政策の転換 / 87
  • 3 民主化運動の昻揚と「民主化」政策 / 89
  • 4 新憲法・地方自治法の制定 / 92
  • 《参考文献》 / 98
  • 5 戦後の地方財政制度の確立 / 99
  • 1 戦後の地方制度民主化の特質 / 99
  • 2 シャウプ勧告の検討 / 104
  • 3 勧告後の地方財政制度 / 108
  • 《参考文献》 / 114
  • 6 地方制度の改革と町村合併 / 115
  • 1 自治庁の発足と地方自治法改正 / 117
  • 2 警察・教育の自治権のはくだつ / 124
  • 3 町村合併の進行 / 130
  • 《参考文献》 / 136
  • 7 地方財政の危機と再建 / 137
  • 1 財政合理化と赤字問題 / 137
  • 2 町村合併と財政合理化 / 144
  • 3 財政再建問題 / 148
  • 《参考文献》 / 152
  • 8 自治体運動と自治研活動 / 153
  • 1 自治研活動の意義 / 153
  • 2 自治体運動の発展 / 158
  • 3 自治研のあゆみと自治体労働者の役割 / 170
  • 《参考文献》 / 178
  • 9 地域開発と行財政 / 179
  • 1 地域開発の本質 / 179
  • 2 地域開発と地方財政 / 186
  • 3 地域開発の矛盾と広域行政 / 196
  • 《参考文献》 / 206
  • 10 都市問題の背景と本質 / 207
  • 1 都市問題の深刻化 / 207
  • 2 都市形成の要因 / 209
  • 3 日本の都市形成の基本構造 / 212
  • 4 都市発展と都市行政 / 218
  • 5 都市財政の特質 / 220
  • 《参考文献》 / 223
  • 11 地方自治と住民運動 / 225
  • 1 安保体制下の地方自治の危機 / 225
  • 2 高度成長と住民生活の危機 / 228
  • 3 地方財政の危機と合理化政策 / 233
  • 4 住民運動の歴史的展開 / 237
  • 5 住民運動の分裂と統一 / 241
  • 《参考文献》 / 250
  • あとがき / 251

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の地方自治と地方財政
著作者等 内藤 正中
加藤 睦夫
吉岡 健次
宮本 憲一
小沢 辰男
島 恭彦
柴田 徳衛
渡辺 敬司
西川 清治
都丸 泰助
書名ヨミ ニホン ノ チホウ ジチ ト チホウ ザイセイ
出版元 有斐閣
刊行年月 1968
ページ数 250p
大きさ 19cm
NCID BN01110688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
72002363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想