象徴天皇

高橋紘 著

「松の緑の大内山」とたたえられる皇居。そこにはどんな人たちが住み、どのように働き、そして何が行われているのだろうか。宮内記者会会員の著者が、天皇制をめぐる敗戦前後の興味深いエピソードを紹介しながら象徴天皇誕生の経緯をさぐった上で、豊富な取材体験をもとに、皇室の現在と、そのあり方をめぐって議論や問題点を報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 象徴天皇の誕生
  • 皇室と宮内庁
  • 皇室外交と行幸啓
  • 天皇陵
  • 宮中祭祀
  • 践祚・即位のセレモニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象徴天皇
著作者等 高橋 紘
書名ヨミ ショウチョウ テンノウ
書名別名 Shocho tenno
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.4
ページ数 231p
大きさ 18cm
ISBN 4004203724
NCID BN0110578X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87034268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想