親鸞の思想構造序説

市川浩史 著

親鸞についての書物は多いが、本書は、親鸞の思想を総体的に把握してその構造を明らかにし、思想史的に位置づけることを目的とした。また、親鸞自身の設定した「七高僧」のうち、最重要と思われる曇鸞・善導を中心にとりあげ、親鸞の思想への影響関係を『教行信証』をはじめとする著作への引用の検証により考察した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 親鸞の思想構造(研究史(家永三郎氏
  • 松野純孝氏
  • 重松明久氏
  • 古田武彦氏)と本書の視点
  • 親鸞における道綽の意義
  • 親鸞における曇鸞の意義
  • 親鸞における善導の意義
  • 親鸞における曇鸞と善導)
  • 第2部 親鸞晩年に強調された思想(「自然法爾」思想について
  • 如来等同思想について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親鸞の思想構造序説
著作者等 市川 浩史
書名ヨミ シンラン ノ シソウ コウゾウ ジョセツ
シリーズ名 中世史研究選書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.2
ページ数 287, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4642026460
NCID BN01104051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87019677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想