近代の運命

エドゥアルト・ハイマン [著] ; 野尻武敏, 足立正樹 訳

本書は、「近代」の偉大な業績と悲劇をテーマに、資本主義のみならず共産主義をも含めた、近代の社会システムの成立から終焉を展望する壮大な叙事詩である。人間の生の省察を軸にして人類史を俯瞰する著者の思索の総決算。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済的剰余
  • 第2章 文化経済から経済主義体制へ
  • 第3章 経済主義体制の諸要素
  • 第4章 資本主義の諸要素
  • 第5章 資本主義にたいする反抗
  • 第6章 改革体制
  • 第7章 世界市場-改革なき資本主義
  • 第8章 共産主義の諸要素
  • 第9章 改革された共産主義
  • 第10章 経済主義体制の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代の運命
著作者等 Heimann, Eduard
足立 正樹
野尻 武敏
ハイマン エドゥアルト
書名ヨミ キンダイ ノ ウンメイ
書名別名 Soziale Theorie der Wirtschaftssysteme
出版元 新評論
刊行年月 1987.6
ページ数 462p
大きさ 22cm
NCID BN01101075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87043629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想