日本文学講座  2

日本文学協会 編

様々な「文学史」があった。しかし、それらの「文学史」が素通りしてきた問題は、あまりにも多い。今、真の日本文学史成立のためにこの巻は、新たな視点を提出する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文学史は可能かと問うまえに
  • 表現史の試み
  • オモロと琉歌
  • 文学史における技術の問題
  • 文学における時空意識-王朝物語文学の周辺
  • 日本的美意識の問題-『古今集』をめぐって
  • 和漢混淆文の成立
  • 散文精神と構想力
  • 方法としてのパロディ-石川淳「おとしばなし清盛」を視座に
  • 前近代と近代
  • 政治と文学-1930年代の中国との対比を含むおぼえ書き
  • 思想と文学-仏教思想がもたらしたもの
  • 思想と文学-キリスト教思想家の表現
  • 外来文学の受容-中国文学(古典)
  • 外来文学の受容-西洋文学(近代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学講座
著作者等 杉山 康彦
日本文学協会
書名ヨミ ニホン ブンガク コウザ
書名別名 文学史の諸問題
巻冊次 2
出版元 大修館書店
刊行年月 1987.5
ページ数 309p
大きさ 21cm
ISBN 4469120324
NCID BN01086641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87034786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
文学史の諸問題 杉山康彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想