子どもという主題

本田和子 著

C.S.ルイス、サトクリフ、ピアス、エンデ等の作品を、記号論的に読み解き、原風景としての<子ども的なもの>を明らかにする、書き下し評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1「ナルニア」を愛した時代-ファンタジーの心性史(変貌の指標
  • 内部へ!
  • 非可逆性への問い
  • 宙に消える「何故?」-正解のない世界
  • ナルニア、その光と影)
  • 2たった一つの主題-問い続け、問い直される「成長」(「成長」における求心性-2人のアクイラが故郷を見出すまで
  • 異化される「成長物語」-『王のしるし』の場合)
  • 3 閉じていく世界-都市・家族・孤独(自閉の時代-「幻の小犬」と都市を生きる
  • 家族の崩壊-現代の通過儀礼)
  • 4 M.エンデと現代-『モモ』から『はてしない物語』へ(大人たちの「子どもの本」
  • 導入としての『モモ』
  • はてしない「意味」の散乱)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもという主題
著作者等 本田 和子
書名ヨミ コドモ ト ユウ シュダイ
書名別名 Kodomo to yu shudai
出版元 大和書房
刊行年月 1987.4
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4479750177
NCID BN01085795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87033689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想