超電導革命

牧野昇 著

21世紀への生き残りを賭け、文字どおり寝食を忘れた超電導材料の開発競争がいま、各国の研究所、企業間で繰り広げられている。『今世紀最後の技術革命』といわれ、実用化も目前にまで控えた超電導とは一体いかなるものか、われわれの生活、産業に超電導がどのようなインパクトを与えるのか、企業・国家はどう対処すればよいのか…。日本の土地問題の解消、内需拡大などにも話をからめながら、当代屈指のテクノエコノミストがテレビでおなじみの名調子で明らかにする「超電導の全貌」-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "新超電導体"の発見とその性能(いま超電導の何が騒がれているのか
  • 超電導はどのように研究されてきたか
  • 新「超電導体」はどのような展開をみせるか)
  • 第2部 超電導体の応用と産業への衝撃(超電導は産業社会にいかなるインパクトを与えるか
  • 重厚長大産業の復権なるか
  • 理想のエネルギー体系はどのように作られるか
  • 電子機器はどのように変貌していくか
  • ニューフロンティアの技術開発はいかにして生まれるのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超電導革命
著作者等 牧野 昇
書名ヨミ チョウデンドウ カクメイ
出版元 日本実業出版社
刊行年月 1987.6
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 453401256X
NCID BN0108476X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87043807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想