歴史を学校でどう教えるか

永原慶二, 山住正己 [著]

[目次]

  • 戦前の教育と教科書(「王道楽土」のとりあげかた
  • 中国へ旅して現地をみる
  • 戦前の学校教育
  • 戦前の日本史教科書の編集方針
  • 『初等科国史』のこと)
  • 歴史をどう教えるか-『新編日本史』の問題点を手がかりに(教科書検定とは
  • 教科書問題をめぐる論点
  • 学問的・史実的根拠にもとづくべき
  • 天皇・皇族のあつかいかた
  • 政治のありかたの転換を理解させる
  • 教育勅語のあつかいかた
  • 大逆事件について
  • 南京大虐殺の問題
  • 極東裁判のあつかいかた
  • 日本国憲法の評価
  • 戦後改革とはなんだったのか
  • 「天皇制」「地主制」
  • 「帝国主義」「植民地」
  • 検定の破綻
  • 教育は政治から独立すべき
  • 国際的な相互友好の原点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史を学校でどう教えるか
著作者等 山住 正己
永原 慶二
書名ヨミ レキシ オ ガッコウ デ ドウ オシエルカ
シリーズ名 岩波ブックレット no.90
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.2
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000030302
NCID BN01083814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88035750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想