素朴と文明

川喜田二郎 著

素朴から文明にいたる人類文化発展の3段階2コースを語り、その視座から日本がいかにして誕生したかを明かす。あわせて現代文明の壁を超えるための道を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 素朴と文明-文化発展の3段階2コース説(重病にかかった現代の科学観
  • 生態史的アプローチ
  • パイオニア・フリンジ
  • チベット文明への歩み
  • 管理社会化と人間疎外
  • なぜ3段階2コースか
  • 亜文明から文明へのドラマ)
  • 第2部 日本誕生-生態史的考察(北方からの道
  • 農業への道と日本
  • 渡来倭人の東進北進
  • 日本到来後の古墳人
  • 中国文明とは何か
  • 白村江の意味するもの
  • 日本の知識人は島国的)
  • 第3部 地図と針路(文明の岐路
  • カギは創造性と参画にある)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 素朴と文明
著作者等 川喜田 二郎
書名ヨミ ソボク ト ブンメイ
書名別名 Soboku to bunmei
出版元 講談社
刊行年月 1987.2
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 4062031728
NCID BN0108271X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87022073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想