日曜の地学  16

西宮克彦編著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / 1
  • 1 富士スバルラインで富士山5合目へ / 2
  • 2 富士五湖と忍野八海の見学ルート / 10
  • 3 三ッ峠山の岩相と化石 / 21
  • 4 桂川の河岸段丘と猿橋 / 28
  • 5 道志川渓谷の断層谷の見学 / 37
  • 6 猿橋から初狩へ<藤野木-愛川構造線の見学> / 42
  • 7 小菅村<橋立から白糸の滝の地層の見学> / 49
  • 8 竜門峡<日川渓谷の地質> / 54
  • 9 大菩薩峠の地質の観察 / 62
  • 10 牧丘段丘の地形と地質 / 69
  • 11 西沢渓谷の自然と地質 / 76
  • 12 御岳昇仙峡の奇岩と地質 / 81
  • 13 要害山と白山の岩石の見学 / 95
  • 14 増富ラジウム温泉と金峰山 / 101
  • 15 清里から美森山へ<地形,岩石と滝の見学> / 108
  • 16 七里岩台地の地形と地質 / 115
  • 17 曽根丘陵の地層と化石 / 122
  • 18 四尾連湖と芦川渓谷の地質 / 131
  • 19 糸魚川-静岡構造線にそって / 139
  • 20 櫛形山の地質と植物 / 149
  • 21 甲府盆地内の地層 / 154
  • 22 富士川流域の自然 / 160
  • 23 南アルプス・アルペンルート<北岳・間ノ岳・農鳥岳> / 169
  • 24 山梨の宝石 / 177
  • 25 山梨の生いたち / 183
  • あとがき / 189
  • さくいん / 190
  • 富士山の植物の垂直分布と高山植物 / 8
  • 富士ビジターセンター / 15
  • 日本三大奇橋のひとつ猿橋 / 35
  • 金山跡 / 48
  • 鶴川断層 / 53
  • 武田家終焉の地-田野 / 60
  • ワインの里 / 60
  • 竹森の水晶 / 67
  • 長田円右衛門と昇仙峡の開発 / 88
  • 水晶の成因 / 89
  • マンジュウ石 / 93
  • 要害山と要害城趾 / 99
  • 美森の大ヤマツツジ / 113
  • 八ヶ岳火山の生いたち / 114
  • 新府城趾 / 121
  • 甲府盆地成因伝説 / 129
  • 考古博物館と古墳群 / 130
  • 台風災害 / 137
  • 信玄堤 / 157
  • 徳島堰 / 158
  • 南アルプスの植物 / 175

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日曜の地学
著作者等 西宮 克彦
書名ヨミ ニチヨウ ノ チガク
書名別名 山梨の自然をめぐって
巻冊次 16
出版元 築地書館
刊行年月 1984.11
ページ数 192p
大きさ 19cm
ISBN 4806710156
NCID BN01082516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86000638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
山梨の自然をめぐって 西宮克彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想