一般教育学

ヘルバルト 著 ; 三枝孝弘 訳

[目次]

  • 目次
  • 序論 / p11
  • 第一部 教育一般の目的 / p32
  • 第一章 子どもたちの管理 / p32
  • 一 子どもたちを管理することの目的 / p33
  • 二 子どもたちを管理するための措置 / p35
  • 三 教育によってたかめられた管理 / p41
  • 四 管理に対する本来の教育への展望 / p42
  • 第二章 本来の教育 / p45
  • 一 教育の目的は単一であるか、あるいは多様であるか / p47
  • 二 興味の多面性-強固な道徳的品性 / p50
  • 三 投射点としての生徒の個性 / p53
  • 四 前に区別された諸目的を結合することの必要について / p55
  • 五 個性と品性 / p58
  • 六 個性と多面性 / p59
  • 七 本来の教育の措置への展望 / p62
  • 第二部 興味の多面性 / p65
  • 第一章 多面性の概念 / p65
  • 一 専心と致思 / p67
  • 二 明瞭 連合 系統 方法 / p70
  • 第二章 興味の概念 / p72
  • 一 興味と欲望 / p73
  • 二 注意 期待 要求 行動 / p74
  • 第三章 多面的興味の対象 / p75
  • 一 認識と同情 / p76
  • 二 認識と同情の分節 / p77
  • 経験 思弁 趣味 人間に対する同情 社会に対する同情 宗教
  • 第四章 教授 / p79
  • 一 経験と交際の拡充としての教授 / p80
  • 二 教授の段階 / p87
  • 三 教授の材料 / p93
  • 四 教授の作為 / p98
  • 第五章 教授の進行 / p100
  • 一 単なる描写的教授、分析的教授及び総合的教授 / p101
  • 二 教授の分析的進行 / p118
  • 三 教授の総合的進行 / p124
  • 四 教案について / p131
  • 第六章 教授の結果 / p137
  • 一 生活と学校 / p138
  • 二 青少年教育期の終りへの一考察 / p143
  • 第三部 強固な道徳的品性 / p147
  • 第一章 一般に品性とは何を意味するか / p147
  • 一 品性の客観的及び主観的部分 / p148
  • 二 意志の記憶 選択 原則 闘争 / p150
  • 第二章 道徳性の概念について / p153
  • 一 道徳性の積極的及び消極的部分 / p154
  • 二 道徳的判断 熱情 決意 自己強制 / p155
  • 第三章 道徳的品性はどこであらわれるか / p158
  • 一 欲求の支配者としての、及びイデーに奉仕するものとしての品性 / p158
  • 二 道徳的品性が規定することのできるもの、道徳的品性を規定するイデー / p159
  • 第四章 品性陶冶の自然的進行 / p160
  • 一 行動が品性の原理である / p160
  • 二 品性に及ぼす思想界の影響 / p163
  • 三 品性に及ぼす素質の影響 / p165
  • 四 品性に及ぼす生活様式の影響 / p169
  • 五 特に品性の道徳的傾向に及ぼす諸作用 / p172
  • 第五章 訓練 / p180
  • 一 訓練の品性陶冶に対する関係 / p182
  • 二 訓練の措置 / p185
  • 三 訓練の一般的使用 / p192
  • 第六章 訓練の細目についての一考察 / p206
  • 一 機会的-恒常的訓練 / p208
  • 二 特殊な意図への訓練の適用 / p209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 一般教育学
著作者等 Herbart, Johann Friedrich
三枝 孝弘
勝田 守一
梅根 悟
ヘルバルト
書名ヨミ イッパン キョウイクガク
シリーズ名 世界教育学選集 ; 第13
出版元 明治図書
刊行年月 1960
版表示 5版
ページ数 241p 図版
大きさ 22cm
ISBN 418051365X
NCID BB29012614
BN01081921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60016311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想