万葉歌人論 : その問題点をさぐる

犬養孝 編

[目次]

  • 人麿作歌の船(尾崎暢殃)
  • 中大兄・斉明・額田王-説話的存在としての歌人たち(三浦佑之)
  • 額田王-公的地位説を疑う(尾畑喜一郎)
  • 万葉恋歌のパラドックス-額田王歌を素材として(関本みや子)
  • 「中皇命」と宇智野遊猟歌(升田淑子)
  • 持統天皇論(吉田知子)
  • 大津皇子物語をめぐって(多田一臣)
  • 短歌歌人の根底-黒人・意吉麿をめぐって(森朝男)
  • 人麻呂歌集略体歌の新世界-「友〓」と漢文学(渡瀬昌忠)
  • 春日老歌論-「つらつら椿」をめぐって(森淳司)
  • 山部赤人論-<聞く>ことの始源へ(古橋信孝)
  • 山上憶良-志賀白水郎歌十首の再検討(中西進)
  • 反俗と憂愁-大伴旅人(辰巳正明)
  • 笠女郎の世界-夢の歌を中心に(近藤信義)
  • 大伴坂上郎女(高野正美)
  • 家持と春歌-巻19の巻頭歌群を中心として(針原孝之)
  • 大伴家持の心くばり-新嘗会の肆宴歌をめぐって(伊藤博)
  • 東歌の歌びと-和我伎奈婆(渡部和雄)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉歌人論 : その問題点をさぐる
著作者等 尾崎 暢殃
犬養 孝
書名ヨミ マンヨウ カジンロン
シリーズ名 万葉集
出版元 明治書院
刊行年月 1987.3
ページ数 343p
大きさ 22cm
NCID BN01080259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87030063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想