国家に抗する社会 : 政治人類学研究

ピエール・クラストル 著 ; 渡辺公三 訳

本書において、著者は、グアヤキ、グアラニ等南米インディアン諸族における《権威なき首長制》、その婚姻制度、言語活動、神話、過酷な拷問などの鋭い分析を通して、未開社会のあらゆる様相においてダイナミックに機能する《国家機械》の出現の阻止の動きを摘出し、またグアラニ族の思想に語られる《一なるもの》への拒否において、西欧の知を貫く《同一性原理》への能動的な反抗を見る。

「BOOKデータベース」より

信仰なき、法なき、王なき社会。余剰なき、市場経済なき、国家なき社会。西欧によって、未成熟な社会として、前=歴史的社会として、あるいは《冷たい社会》として定義されつづけた未開社会像のコペルニクス的転回。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コペルニクスと野蛮人
  • 第2章 交換と権力/インディアン首長制の哲学
  • 第3章 独立と外婚
  • 第4章 アメリカ・インディアン人口論のために
  • 第5章 弓と篭
  • 第6章 インディアンの笑いを誘うもの
  • 第7章 言葉の義務
  • 第8章 密林の予言者
  • 第9章 多なき一をめぐって
  • 第10章 未開社会における拷問
  • 第11章 国家に抗する社会

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コペルニクスと野蛮人
  • 第2章 交換と権力/インディアン首長制の哲学
  • 第3章 独立と外婚
  • 第4章アメリカ・インディアン人口論のために
  • 第5章 弓と籠
  • 第6章 インディアンの笑いを誘うもの
  • 第7章 言葉の義務
  • 第8章 密林の予言者
  • 第9章 多なき一をめぐって
  • 第10章 未開社会における拷問
  • 第11章 国家に抗する社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家に抗する社会 : 政治人類学研究
著作者等 Clastres, Pierre
渡辺 公三
クラストル ピエール
書名ヨミ コッカ ニ コウスル シャカイ
書名別名 La société contre l'Etat
シリーズ名 叢書言語の政治 2
出版元 風の薔薇
刊行年月 1987.5
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 4891762063
NCID BN01080179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87054729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想