記憶は脳のどこにあるか

酒田英夫 著

水泳やスキー、車の運転などの技能の記憶、言葉の記憶、出来事の記憶など、記憶にはさまざまな種類がある。そして脳に障害があると、家族の顔を忘れたり、家に帰れなくなったりと、障害の場所によって異なる症状が現われる。いろいろな症例や実験など最新の研究をもとに、脳全体のしくみを概観しながら解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 さまざまなアプローチ
  • 2 脳の機能地図
  • 3 連合野の機能
  • 4 脳の情報処理システム-視覚系を中心に
  • 5 記憶の脳内メカニズム
  • 6 記憶への実験的アプローチ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶は脳のどこにあるか
著作者等 酒田 英夫
書名ヨミ キオク ワ ノウ ノ ドコ ニ アルカ
シリーズ名 New science age 27
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.6
ページ数 153p
大きさ 19cm
ISBN 4000077279
NCID BN01080022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87044888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想