フランス左翼の実験

緒方靖夫 著

環境保全への戦略と思想。公害の重圧の中で形成された日本の環境政策は、いま環境基準緩和、公健法改悪と後退を重ね、公害再発のきざしが各所に現われている。本書は環境政策をめぐる対決点を明快に論じ、環境保全の歴史的展望を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境政策の歴史と展望(戦後日本の環境政策
  • 環境政策と国家の責任)
  • 第2部 環境政策の焦点(「公共性」を裁く-大阪空港公害問題を中心に
  • 新幹線公害裁判の評価-準公共財の部分差止め
  • 水俣病問題の現状と再生の課題
  • 二酸化窒素(NO2)環境基準緩和の経済政策
  • 公害健康被害補償法の全面改訂)
  • 第3部 アメニティへの模索(都市の緑・農地はなぜ守られないか
  • 都市における親水権
  • 街づくりと住民参加-アメニティを考える)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ミッテラン政権の誕生と軌跡
  • 第2部 左翼連合のあゆみと今日の課題
  • 第3部 変化のなかのフランス(ミッテラン時代のフランス
  • コアビタシオンと88年大統領選挙
  • コアビタシオンと外交・国防問題
  • よみがえるたたかいのエネルギー)
  • 第4部 模索する西欧左翼

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス左翼の実験
著作者等 緒方 靖夫
宮本 憲一
書名ヨミ フランス サヨク ノ ジッケン
出版元 大月書店
刊行年月 1987.5
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 427223014X
NCID BN01079883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88019666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想