井戸端の人生哲学

武島達夫 著

不合理が通って終わる、人世はついにふざけた非劇か?本書は、物質脳と自由意志死後の存在、人格神の存在の問題を中心に、人生における意義の存否を、常識語をもって哲学する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間の限界
  • 生命とは一体何か
  • 脳髄の働きと心の働き
  • 物質と心
  • 自然界の秩序・自由意志・神の摂理
  • 記憶と記録・一切は宇宙に記録される
  • 人間1人1人の絶対の尊厳性
  • 人間の血統
  • 仏像、寺院、その他いわゆる宗教的な形式やしきたり
  • 奇蹟
  • 難解な教義・宗教の在り方・宗教に対してあるべき我々の態度
  • 愛の真義
  • 祈る心
  • 霊魂の不滅
  • 疑いつつ、信仰を願いつつの毎日の連続

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 井戸端の人生哲学
著作者等 武島 達夫
書名ヨミ イドバタ ノ ジンセイ テツガク
書名別名 Idobata no jinsei tetsugaku
出版元 八重岳書房
刊行年月 1987.1
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4896461010
NCID BN01077902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87018422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想