言語のざわめき

ロラン・バルト 著 ; 花輪光 訳

本書は、言語圏の諸問題をあつかった批評的エッセー22篇を収めている。《読み》を《コード化》としてとらえる「読書のエクリチュール」をはじめ、意味の戦いをめぐる「修辞の分析」と「文体とそのイメージ」、さらに、文学テクスト(フローベールやミシュレ)における写実・描写に関する卓抜な論考「現実効果」など、バルトの多様な、しかし一貫したテクストを集成。また、ブレヒト、ヤーコプソン、バンヴェニスト、ジュネット、クリステヴァなどについて書かれた書評・オマージュは、バルトの、暖かな人間的共感に満ちている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 科学から文学へ
  • 第2部 作品からテクストへ
  • 第3部 言語活動と文体
  • 第4部 歴史から現実へ
  • 第5部 記号の愛好家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語のざわめき
著作者等 Barthes, Roland
花輪 光
バルト ロラン
書名ヨミ ゲンゴ ノ ザワメキ
出版元 みすず書房
刊行年月 1987.4
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 4622004542
NCID BN01077265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87031270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想