アメリカの大恐慌

吉富勝 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 序章 序論 / p1
  • 第一節 問題提起 / p1
  • 第二節 分析視角 / p5
  • 第三節 恐慌論上の問題 / p11
  • 第一章 両大戦間のアメリカ国内経済の特徴の概要 / p17
  • 第一節 経営成長、失業、景気循環上の特徴 / p17
  • 第二節 産業構造上の特徴-二〇年代のアメリカ経済における発展産業 / p23
  • 第三節 巨大会社の資本集中と安定化 / p27
  • 第二章 第一次大戦がアメリカ経営におよぼした諸影響 / p37
  • 第一節 債務国から債権国へ / p37
  • 第二節 国内経済の変化 / p40
  • 一 国内経済活動の活溌化 / p42
  • 二 財政・金融の膨脹 / p43
  • 三 所得層別にみた収入増大の特徴 / p46
  • 第三節 一九二〇年代の経済発展におよぼした影響 / p50
  • 一 産業構造の転換 / p50
  • 二 政府証券の役割 / p51
  • 三 アメリカの金貨本位制復帰とヨーロッパの金為替本位制 / p54
  • 第三章 一九二〇年代のアメリカ経済における資本蓄積のメカニズム / p62
  • 第一節 二〇年代の景気循環の分析 / p62
  • 一 概観 / p62
  • 二 戦後ブームとその崩壊 / p66
  • 三 二〇年代の景気循環 / p72
  • 1 一九二一・七-一九二三・五の好況(初期好況) / p72
  • 2 一九二三・五-一九二四・七のリセッション / p84
  • 3 一九二四・七-一九二六・一〇の好況(中期好況) / p86
  • 4 一九二六・一〇-一九二七・一一のリセッション / p91
  • 5 一九二七・一一-一九二九・八のブーム(後期好況) / p97
  • 第二節 資本蓄積の特質と株式ブーム / p108
  • 一 一九二七年以後の株式ブームの特徴 / p108
  • 1 株価暴騰の投機性 / p108
  • 2 非生産的証券発行の急増 / p111
  • 二 自己金融の発展 / p116
  • 三 高額所得層の配当受取とキャピタル・ゲイン / p148
  • 四 金融機関における貯蓄性預金とブローカーズ・ローンの増大 / p154
  • 第四章 一九二〇年代におけるアメリカ経済の国際的側面 / p179
  • 第一節 アメリカの金のうごき / p180
  • 一 金の「不足」 / p180
  • 二 「ゲームのルール違反」 / p182
  • 1 抽象的検討 / p182
  • 2 第一次大戦前との比較 / p185
  • 3 二〇年代のアメリカの金と信用 / p188
  • 第二節 アメリカの貿易構造の特質 / p199
  • 序 貿易シェアの急増 / p199
  • 一 輸出面 / p202
  • 1 工業製品輸出の特徴 / p202
  • 2 一次産品輸出とアメリカの輸出構成 / p212
  • 3 輸出面の特質 / p214
  • 二 商品輸入の性格 / p215
  • 三 多角的貿易システムの中のアメリカ貿易 / p217
  • 四 貿易黒字と資本輸出 / p222
  • 第三節 アメリカの資本輸出の特質 / p227
  • 一 概況と問題の限定 / p227
  • 二 アメリカ資本輸出の性格 / p231
  • 1 アメリカの資本輸出の年々のうごきとその構成 / p232
  • 2 海外政府証券投資の循環的運動 / p234
  • 3 アメリカの資本輸出(外国政府証券投資)の規定要因の検討 / p236
  • 4 海外証券投資と二〇年代末の株式ブーム / p247
  • 5 海外民間証券投資 / p249
  • 6 直接投資 / p252
  • 7 結語 / p256
  • 第五章 アメリカの大恐慌と世界大恐慌 / p263
  • 第一節 一九二九年の景気下降の要因 / p263
  • 第二節 大恐慌への篠展要因 / p270
  • 第三節 アメリカの大恐慌と世界大恐慌 / p284
  • 一 一九三一年夏までのアメリカ国内恐慌深化のプロセス / p285
  • 二 ヨーロッパ金融恐慌の背景 / p292
  • 三 アメリカの銀行恐慌 / p299
  • 1 アメリカ銀行倒産の経過 / p300
  • 2 ヨーロッパ金融恐慌とアメリカの銀行倒産および国際金融上のバランス・シート / p309
  • 四 アメリカ金貨本位制の崩壊 / p313
  • むすび-一九二〇年代の世界史的規定と関連づけて / p318
  • 付論 大恐慌の原因をめぐる諸学説の検討 / p329
  • 第一節 ヴァルガの説 / p331
  • 第二節 シュムペーターの説 / p335
  • 第三節 ブルッキングス研究所の説 / p346
  • 第四節 国際金融に関する説 / p351
  • 第五節 ハンセンの説 / p357
  • 第六節 シュタインドルの説 / p363
  • 第七節 デュゼンベリーの説 / p372
  • 第八節 大内力教授の説-国家独占資本主義成立の根拠をめぐって / p378
  • 一 世界大恐慌の原因をめぐって / p379
  • 二 全般的危機、世界大恐慌、国家独占資本主義 / p393
  • 文献・資料

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アメリカの大恐慌
著作者等 吉富 勝
書名ヨミ アメリカ ノ ダイキョウコウ
出版元 日本評論社
刊行年月 1965
ページ数 399p
大きさ 22cm
ISBN 4535590311
NCID BN01075055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65002301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想