日本古文書学論集  11

日本古文書学会 編

近世の武家文書である豊臣氏と江戸幕府や大名文書、さらに外国関係文書に関する貴重な研究論文を収録する。近世は封建制が最高度に発展し、幕藩組織と法令が最も整備された時代である。支配関係の朱印状・法度・領知判物や役所文書と藩史料、外交・貿易文書などの内容を理解し、政治・外交の実態を知るためにもきわめて有益である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 豊臣時代文書(豊臣秀吉の伴天連成敗朱印状について
  • 小笠原秀政と「弌剣平天下」印)
  • 第2章 江戸幕府文書(寛永12年寛文3年武家諸法度考
  • 領知判物・朱印状の古文書学的研究
  • 幕府勘定所勝手方記録の体系
  • 浦賀奉行所の「反古分け」について)
  • 第3章 大名文書(藩史料の伝存と構成
  • 武家文書
  • 細川藩の袖判借状について
  • 米沢城下絵図について)
  • 第4章 外国関係文書(近世初期の日欧交渉が日本古文書に及ぼした影響
  • イエズス会日本年報について
  • 連合東インド会社の初期会計記録と平戸商館
  • 投銀証文に関する一考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古文書学論集
著作者等 中村 質
中田 易直
五野井 隆史
加藤 榮一
大野 瑞男
岡田 章雄
岩沢 愿彦
日本古文書学会
村上 直
河内 八郎
滝沢 武雄
矢守 一彦
笹本 正治
金井 円
鈴木 亀二
書名ヨミ ニホン コモンジョガク ロンシュウ
書名別名 近世. 1 近世の武家文書と外国関係文書

Nihon komonjogaku ronshu
巻冊次 11
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.4
ページ数 414p
大きさ 22cm
ISBN 4642012664
NCID BN01074620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87029504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
近世. 1 近世の武家文書と外国関係文書 村上直, 金井円
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想