危機に立つドイツ精神

E.R.クルツィウス 著 ; 南大路振一 訳

本書は1932年に刊行された。これはワイマール共和国の崩壊前夜、翌年にはヒトラーが政権を掌握する時機にあたる。左右対立による政治の混迷、ファシズムの台頭と経済危機、教養の解体と文化への憎悪、このような状況の中で、クルツィウスはドイツの民族と文化、ひいてはヨーロッパ文化について熟考し、その未来を展望している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教養の解体と文化への憎悪
  • 2 国民か革命か?
  • 3 大学の危機
  • 4 社会学か革命か?
  • 5 イニシエーションとしての人文主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機に立つドイツ精神
著作者等 Curtius, Ernst Robert
南大路 振一
クルツィウス E.R.
書名ヨミ キキ ニ タツ ドイツ セイシン
書名別名 Deutscher Geist in Gefahr

Kiki ni tatsu doitsu seishin
出版元 みすず書房
刊行年月 1987.3
ページ数 167p
大きさ 20cm
ISBN 4622012154
NCID BN01070186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87030671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想