日本林野制度の研究 : 共同体的林野所有を中心に

古島敏雄 編

[目次]

  • 目次
  • 序章 わが国農村共同体に関する研究の諸論点 / p1
  • 第一章 山林政策の展開と入会地整理過程 / p37
  • 序節 日本における山林政策=入会地整理政策の特質 / p37
  • 第一節 国有林・御料林の形成と入会地整理 / p44
  • 一 旧幕時代における入会地の解体 / p44
  • 二 払下政策と官民有区分 / p47
  • 1 開墾及払下政策と公有地制度
  • 2 払下政策の修正と官民有区分への移行
  • 3 官民有区分の基準と払下政策
  • 4 囲込の開始
  • 三 国有林・御料林の成立過程 / p59
  • 1 払下期における官林経営
  • 2 国有林・御料林の形成と入会権の整理
  • 四 国有林野特別経営事業と入会権の否認 / p78
  • 第二節 部落有林野の整理統一 / p88
  • 一 整理統一事業前の公有林野政策 / p89
  • 1 町村制と民有入会地
  • 2 民林資源政策の展開
  • 3 整理統一事業の開始
  • 二 整理統一事業の展開と終焉 / p100
  • 1 整理統一の概況
  • 2 統一政策の後退
  • 3 森林法改正と整理統一事業の終焉
  • 第三節 山林政策展開の時期区分 / p115
  • 第二章 部落有林野の諸形態 / p123
  • 第一節 部落有林野とは何か / p123
  • 一 概要 / p123
  • 二 法律上の所有形態 / p126
  • 三 部落有林野の政策的系譜 / p128
  • 第二節 部落有林野の地域性 / p131
  • 第三節 分析視角 / p140
  • 一 地代の系譜 / p140
  • 二 類型 / p143
  • 第四節 部落有林野の諸形態 / p147
  • 一 類型I 共同体(総有的)部落有林野 / p147
  • A 共同体的部落有林野 / p147
  • 1 概說
  • 2 共同体的部落有林野と部落規制
  • 3 地代と身分
  • B 共同体的経営の部落有林 / p160
  • 二 類型II 地主的・農民的部落有林野 / p163
  • 1 土地所有と地代
  • 2 利用形態
  • 3 管理機構
  • 三 類型III 資産的部落有林 / p200
  • 四 類型IV 経営的共有林 / p201
  • 第三章 部落有林野の分解 / p205
  • 第一節 商業的農業の発展と部落有林野 / p206
  • 一 農業生産の発展・開墾 / p206
  • 二 金肥の施用と部落有採草地の変化 / p213
  • 第二節 商業的畜産の発展と部落有林野 / p223
  • 第三節 林業の発展と部落有林野 / p227
  • 一 薪炭林の商品化 / p228
  • 二 造林の発展 / p231
  • 三 分収林の直営(分割経営から持分経営) / p235
  • 四 吉野の借地林業 / p238
  • 第四節 部落財産統一による直営化 / p240
  • 第四章 部落有林野の政治的機能 / p249
  • 一 概括的考察 / p249
  • 二 部落有林野統一の政治的性格 / p254
  • 三 戦後及び若干の展望 / p265
  • 主要文献目録 / p275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本林野制度の研究 : 共同体的林野所有を中心に
著作者等 古島 敏雄
書名ヨミ ニホン リンヤ セイド ノ ケンキュウ : キョウドウタイテキ リンヤ ショユウ オ チュウシン ニ
書名別名 Nihon rin'ya seido no kenkyu
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1955
ページ数 274p
大きさ 22cm
NCID BN01067239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55000240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想