先端技術と物理学

大槻義彦 著

現代高度技術社会では、サイエンスとテクノロジーは混在し、どちらが欠けても成り立たなくなる。これこそ、真に「科学技術」と呼ばれるにふさわしいものである。物理学を主体としたハイテクでは、高度に発達した量子力学などの成果が応用され、逆に、その成果としてのハイテクとその製品が新しい物理学のテーマを生み出していく。本書では、サイエンスとテクノロジーのゆくえを基礎から確認する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エネルギー
  • エネルギーの発生と利用
  • 運動量保存の法則
  • 光波・電子波などの利用
  • 量子力学の原理
  • 電子素子の物理学
  • 量子的黄金則
  • 光工学
  • エントロピーの世界
  • 新物質、新材料
  • 次に何が来るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先端技術と物理学
著作者等 大槻 義彦
書名ヨミ センタン ギジュツ ト ブツリガク
シリーズ名 NHKブックス 513
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1986.10
ページ数 184p
大きさ 19cm
ISBN 4140015136
NCID BN0106473X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87055870
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想