ドイツ人の生き方死に方

西義之 著

恋愛・結婚・離婚、「死」と葬式、宗教、食べ物、ワイン…。今日もなお意識の底にナチスの傷あとを残すドイツ人。彼らは何を信じ、いかに生きているのか。日常的な視野からその素顔をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ドイツの結婚・離婚事情(ドイツ人の結婚離れ
  • 現代ドイツの離婚)
  • 2 ドイツ人の死に方(フィリップ・アリエスと現代の死
  • カトリック的死に方
  • プロテスタント的死に方
  • お葬式のあとの宴会
  • 喪服モードの移り変わり)
  • 3 ドイツ人とナチスの傷あと(ミュンヘンと近代史とくにヒトラーの遺跡
  • ドイツはナチスの過去をはたして「克服」したか?)
  • 4 ミュンヘン・グラフィティ(ドイツ人と犬
  • ドイツ・ワイン雑談-毒入りワイン事件以後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ人の生き方死に方
著作者等 西 義之
書名ヨミ ドイツジン ノ イキカタ シニカタ
書名別名 ミュンヘンを舞台に

Doitsujin no ikikata shinikata
シリーズ名 World books
出版元 教育社
刊行年月 1987.4
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4315505765
NCID BN01058726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87030727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想