日本唱歌集

堀内敬三, 井上武士 編

明治以来、敗戦に至る80年間に歌い継がれてきた多くの唱歌の中から、150余篇を選んでここに収める。「蛍の光」「ふるさと」「鳩ぽっぽ」「春がきた」など世に広く親しまれてきた文部省唱歌をはじめ、「荒城の月」「鉄道唱歌」「美しき天然」「浜辺のうた」「ああ玉杯に花うけて」など、明治・大正・昭和の名歌すべてを集めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治時代(明治14年‐明治45年)(見わたせば
  • 蛍の光
  • 蝶々
  • 霞か雲か
  • 皇御国 ほか)
  • 大正時代(大正元年‐大正15年)(木の葉
  • 春の小川
  • 広瀬中佐
  • 村の鍛冶屋
  • 橘中佐 ほか)
  • 昭和時代(昭和元年‐昭和20年)(コイノボリ
  • 電車ごっこ
  • ポプラ
  • チューリップ
  • 蛍 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 明治時代(明治14年-明治45年)
  • 大正時代(大正元年-大正15年)
  • 昭和時代(昭和元年-昭和20年)
  • 解説(堀内敬三、井上武士) / p237
  • 参考文献 / p273
  • うたいだし索引 / p279

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本唱歌集
著作者等 井上 武士
堀内 敬三
書名ヨミ ニホン ショウカシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1958
ページ数 284p (楽譜共)
大きさ 15cm
ISBN 400310921X
NCID BA30112550
BN01048551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59001953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想