沈黙の春

レイチェル・カーソン 著 ; 青樹簗一 訳

人間による環境汚染を世界で最初に告発したR・カーソンの名著。かけがえのない地球のために生涯をかけて闘ったR・カーソン。彼女の、また全世界の人々の願いにもかかわらず、汚染と破壊はつづく。生命の故郷である地球を考えるために、『沈黙の春』は、現代人の一度は読むべき書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明日のための寓話
  • 2 負担は耐えねばならぬ
  • 3 死の霊薬
  • 4 地表の水、地底の海
  • 5 土壌の世界
  • 6 みどりの地表
  • 7 何のための大破壊?
  • 8 そして、鳥は鳴かず
  • 9 死の川
  • 10 空からの一斉爆撃
  • 11 ボルジア家の夢をこえて
  • 12 人間の代価
  • 13 狭き窓より
  • 14 4人にひとり
  • 15 自然は逆襲する
  • 16 迫り来る雪崩れ
  • 17 べつの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沈黙の春
著作者等 Carson, Rachel
青樹 簗一
カーソン レイチェル
書名ヨミ チンモク ノ ハル
書名別名 Silent spring
出版元 新潮社
刊行年月 1987.5
ページ数 309p
大きさ 19cm
ISBN 4105197010
NCID BN01046953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88027175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想