ファミリー・カウンセリング : 家族の危機を救う

岡堂哲雄 著

著者は20年以上家族問題、家族療法に関心をもちつづけており、家族という一つのシステムが病んでいるのだという、システム理論の立場からのアプローチをとる。子どもの問題は円環的・循環的に家族全体の問題と関連しつづけた所に生まれる。個人カウンセリングを行う人びとにとっても、著者の考えは甚だ示唆的で有効な視点を与えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 今、なぜファミリー・カウンセリングなのか
  • 1章 揺れうごく家族-危機をみつめて
  • 2章 家族をどうとらえたらよいか
  • 3章 家族関係の発達と危機
  • 4章 ファミリー・カウンセリングはどうすすめられるか
  • 5章 ファミリー・カウンセリングの技法
  • 6章 なにが家族を救ったか-ファミリー・カウンセリングの効果
  • エピローグ ある家族の自立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファミリー・カウンセリング : 家族の危機を救う
著作者等 岡堂 哲雄
書名ヨミ ファミリー カウンセリング
シリーズ名 有斐閣新書
出版元 有斐閣
刊行年月 1987.3
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4641090750
NCID BN01046931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87028156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想