和泉式部日記

清水文雄 校訂

ものおもへば沢の蛍もわが身よりあくがれいづる魂かとぞみる。愛する男を失った式部が、神の力によって悩める魂を鎮めるべく貴船神社に詣でた折の歌である。この日記は、多くの男性遍歴の中で、とりわけ深い愛情を捧げた帥の宮との恋愛生活を、宮との贈答歌を中心に叙述したもの。式部は恋の彷徨者であるとともに天性の詩人でもあった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 凡例 / 3
  • 和泉式部日記 / 7
  • 日記歌竝に引歌索引 / 89
  • 關係系圖 / 94
  • 解說 / 97

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 和泉式部日記
著作者等 和泉式部
清水 文雄
清水雄
和泉式部 平安時代
書名ヨミ イズミ シキブ ニッキ
書名別名 Izumi shikibu nikki
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1957 8刷
版表示 改訂版
ページ数 118p
大きさ 15cm
ISBN 4003001710
NCID BN01043241
BN08362088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57006916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想