仰臥漫録  [1],2

正岡子規 著

子規が、死の前年の明治34年9月から死の直前まで、折々に書きとめた日録。日々3度の食事の献立から病苦と死の恐怖への煩悶に至るまで、病床生活を、俳句、水彩画などを交えて赤裸々に語った稀有な生活記録。読みすすむにつれ、命旦夕に迫る子規の心境が何の誇張も虚飾もなくうかがわれて、深い感動に誘われる。

「BOOKデータベース」より

子規が死の前年の明治34年9月から死の直前まで、俳句・水彩画等を交えて赤裸々に語った稀有な病牀日録。現世への野心と快楽の逞しい夢から失意失望の呻吟、絶叫、号泣に至る人間性情のあらゆる振幅を畳み込んだエッセイであり、命旦夕に迫る子規(1867‐1902)の心境が何の誇張も虚飾もなくうかがわれて、深い感動に誘われる。

「BOOKデータベース」より

複製;装丁 : 和装

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仰臥漫録
著作者等 正岡 子規
書名ヨミ ギョウガ マンロク
書名別名 Gyoga manroku
巻冊次 [1],2
出版元 岩波書店
刊行年月 大正7
版表示 改版
ページ数 2冊 (合本1冊)
大きさ 29cm
ISBN 4003101359
NCID BA80352148
BN01038605
BN05852320
BN11281665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43020925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想