ヘルマンとドーロテーア

ゲーテ 著 ; 佐藤通次 訳

富裕な一市民の息子ヘルマンが、フランス革命の戦乱におわれた避難民の娘ドロテーアを妻に迎え、人生の秩序を築くにいたる顛末をうたった恋愛叙事詩。ドイツ小都会の香り高い市民生活と、世界という大劇場の動揺・転変とが同時に映しだされた珠玉の名篇であり、ゲーテ自身、終生愛誦してやまなかった作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 改譯序言 / 5p
  • 第一歌 カリーオペの卷(運命と同情) / 7p
  • 第二歌 テルプスィーヒョレの卷(ヘルマン) / 25p
  • 第三歌 タリーアの卷(町びと) / 47p
  • 第四歌 オイテルペの卷(母と子) / 57p
  • 第五歌 ポリュヒュムニアの卷(四海の友) / 77p
  • 第六歌 クリーオの卷(時世) / 97p
  • 第七歌 エラートの卷(ドーロテーア) / 123p
  • 第八歌 メルポーメネの卷(ヘルマンとドーロテーア) / 141p
  • 第九歌 ウラーニアの卷(末の望) / 151p
  • 解說 / 177p
  • 附 ゲーテ主要作品表 / 214p
  • 註 / 217p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ヘルマンとドーロテーア
著作者等 Goethe, Johann Wolfgang von
佐藤 通次
Goethe Johann Wolfgang
ゲーテ
書名ヨミ ヘルマン ト ドーロテーア
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 改訳 改版 12版
ページ数 220p
大きさ 15cm
ISBN 4003240553
NCID BN01038580
BN05664477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49008518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想