ヘーゲル : 伝記と学説

ビーダーマン 著 ; 尼寺義弘 訳

20世紀の思想に今なお大きな影響を与えるヘーゲル哲学は、その難解さの裏に転換期にある時代の精神をじつに生きいきと脈うたせている。本書の著者は、ヘーゲル哲学のなかから進歩的な核心をたんねんに掘りおこすことによって、世界史的転換点に立つ今日のわれわれに、生きることと時代に立ち向かうことのなんたるかを深く確信させてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 若きヘーゲル-神学から哲学へ(ヴュルテンベルク在住ヘーゲル家最後の1人
  • "レッシングの親友")
  • 第2章 イェーナ時代-哲学の成熟(フィヒテの"自我"とシェリング
  • 生の"発見の旅"すなわち『精神の現象学』)
  • 第3章 ニュルンベルク時代とハイデルベルク時代-哲学体系の完成(バンベルクの"新聞のガレー船"
  • ニュルンベルクのエギディエン・ギムナジウムの校長として)
  • 第4章 ベルリン時代-哲学的名声の頂上(ヘーゲル,フリース,ブルシェンシャフトのメンバーたち
  • ブルジョア自然法理論の完成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲル : 伝記と学説
著作者等 Biedermann, Georg
尼寺 義弘
ビーダーマン ゲオルグ
書名ヨミ ヘーゲル
書名別名 Georg Wilhelm Friedrich Hegel

Hegeru
シリーズ名 阪南大学翻訳叢書 9
出版元 大月書店
刊行年月 1987.2
ページ数 192p
大きさ 22cm
ISBN 4272430335
NCID BN01036938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87024436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想