魔の山  六

トオマス・マン 著 ; 関泰祐, 望月市恵 訳

平凡無垢な青年ハンス・カストルプははからずもスイス高原のサナトリウムで療養生活を送ることとになった。日常世界から隔離され病気と死が支配することの「魔の山」で、カストルプはそれぞれの時代精神や思想を体現する数々の特異な人物に出会い、精神的成長を遂げてゆく。『ファウスト』と並んでドイツが世界に贈った人生の書。

「BOOKデータベース」より

理性を尊び自由と進歩を唱導するセテムブリーニ。テロと独裁によって神の国を実現させようとする非合理主義者ナフタ。2人に代表される思想の流れはカストルプの魂を奪おうと相争うが、ある日雪山で死に直面したカストルプは、生と死の対立を超えた愛とヒューマニズムの道を認識する。人間存在のあり方を追求した一大教養小説。

「BOOKデータベース」より

理性を尊び自由と進歩を唱導するセテムブリーニ。テロと独裁によって神の国を実現させようとする非合理主義者ナフタ。2人に代表される思想の流れはカストルプの魂を奪おうと相争うが、ある日雪山で死に直面したカストルプは、生と死の対立を超えた愛とヒューマニズムの道を認識する。人間存在のあり方を追求した一大教養小説。

「BOOKデータベース」より

平凡無垢な青年ハンス・カストルプははからずもスイス高原のサナトリウムで療養生活を送ることとなった。日常世界から隔離され病気と死が支配するこの「魔の山」で、カストルプはそれぞれの時代精神や思想を体現する数々の特異な人物に出会い、精神的成長を遂げてゆく。『ファウスト』と並んでドイツが世界に贈った人生の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第七章(承前)
  • メネール・ペーペルコルン(結) / 7
  • 無感覺と呼ぶ惡魔 / 30
  • 樂音の泉 / 51
  • ひどく胡散なこと / 83
  • ヒステリー蔓延 / 136
  • 晴天の霹靂 / 180

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 魔の山
著作者等 Mann, Thomas
望月 市恵
関 泰祐
マン トーマス
トオマス・マン
書名ヨミ マ ノ ヤマ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和26
版表示 改版
ページ数 6冊
大きさ 15cm
ISBN 4003243366
NCID BN01026719
BN01035061
BN0267434X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54010182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想