活性酸素と疾患 : 分子論的背景と生物の防衛戦略

Helmut Sies 編 ; 井上正康 監訳

[目次]

  • 1章 生体の酸化的ストレス
  • 2章 放射線によるDNA損傷
  • 3章 酸素毒性と有機パーオキシラジカル
  • 4章 生体の酵素毒性におけるヒドロパーオキサイドとチオールオキシダント
  • 5章 キノン化合物による生体の酸化的障害
  • 6章 ニトロソウレア
  • 7章 抗マラリア薬
  • 8章 生体の酸素濃度と酸化的ストレス
  • 9章 組織の酸化的損傷と食物成分
  • 10章 ミトコンドリアのCa2+輸送動態とヒドロパーオキサイド
  • 11章 混合ジスルフィド-その生物学的機能と酸素毒性
  • 12章 脂質過酸化反応-その分子論的メカニズムと生物学的意義
  • 13章 生体の酸化的ストレスと励起化学種の産生
  • 14章 赤血球の酸化的損傷
  • 15章 ヒト好中球における酸化的ストレス-その生体防御機構における意義
  • 16章 神経系における酸化的損傷
  • 17章 炎症のメディエーターとしての酸素フリーラジカル
  • 18章 腫瘍のプロモーションと活性酸素分子種

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 活性酸素と疾患 : 分子論的背景と生物の防衛戦略
著作者等 Sies, H.
Sies, Helmut
井上 正康
安東 由喜雄
書名ヨミ カッセイ サンソ ト シッカン
書名別名 Oxidative stress

Kassei sanso to shikkan
出版元 学会出版センター
刊行年月 1987.6
ページ数 510p
大きさ 22cm
ISBN 4762205230
NCID BN01033634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87044890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想