彼岸過迄

夏目漱石 作

いくつかの短篇を連ねることで一篇の長篇を構成するという漱石年来の方法を具体化した作品。中心をなすのは須永と千代子の物語だが、ライヴァルの高木に対する須永の嫉妬の情念を漱石は比類ない深さにまで掘り下げることに成功している。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 彼岸過迄
著作者等 夏目 漱石
小林 勝
書名ヨミ ヒガン スギ マデ
書名別名 Higan sugi made
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.4
版表示 改版.
ページ数 352p
大きさ 15cm
ISBN 400310109X
NCID BN01032562
BN01975974
BN04569142
BA71404535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90038107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想