発展途上国の政治経済学

川田侃, 石井摩耶子 編

今世紀の重要テーマである、発展途上国問題の輪郭を鮮明に描き、問題解決の方途や、日本の果たすべき役割を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発展と貧困の構図
  • 第2章 発展とは何か(小さな民のエコロジー
  • 技術はどこから生まれるか
  • 開発は人権に優先するか
  • 資本と労働力はどこから出てくるか
  • 近代化論はどこへいくか
  • 内と外からの国際協力と連帯
  • NGOと民衆の開発参加)
  • 第3章 発展と光と影(アセアン・ニックス-開発優等生の論理と現実
  • フィリピン-富と貧困の間の存在としてのミドル・クラス
  • インド-「社会主義型社会」と下層民衆の貧困
  • 中国-社会主義・低開発・第三世界のリーダー
  • 中東-民族主義から新保守主義へ
  • アフリカ-社会主義の試行錯誤 タンザニアの経験
  • ラテンアメリカ-多難な経済自立への道)
  • 第4章 発展途上国と日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発展途上国の政治経済学
著作者等 中村 尚司
今井 圭子
初瀬 竜平
劉 進慶
吉田 昌夫
宮治 一雄
川田 侃
村井 吉敬
柳沢 悠
津田 守
涂 照彦
石井 摩耶子
蔵田 雅彦
鈴木 佑司
書名ヨミ ハッテン トジョウコク ノ セイジ ケイザイガク
出版元 東京書籍
刊行年月 1987.4
ページ数 385p
大きさ 19cm
ISBN 4487750806
NCID BN01029047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88008656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想