意味論と語用論の現在

ジェフリー・N.リーチ 著 ; 内田種臣, 木下裕昭 訳

意味論を文法(言語体系あるいはコード)の領域の中に、そして語用論をレトリック(コードの実行)の領域の中に据えることによって、一般的な用語で二つの区別をした。本質的に、文法は規則に支配されているのに対し、レトリックは原理に支配されている。語用論‐言語研究の画期的なパラダイム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 機能主義的言語観における文法とレトリック
  • 第2章 メタ言語としての自然言語
  • 第3章 メタ言語、語用論、および遂行文
  • 第4章 言語と機転

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 機能主義的言語観における文法とレトリック(文法とレトリック
  • 機能主義と形式主義 ほか)
  • 第2章 メタ言語としての自然言語(メタ言語:実例と定義
  • メタ指示の意味表示 ほか)
  • 第3章 メタ言語、語用論、および遂行文(遂行文の仮説と語用論的分析
  • 間接的発話と言及様式 ほか)
  • 第4章 言語と機転(「直接的発語内行為と間接的発語内行為」対「意義と力」
  • 現アプローチとの比較でのサールのアプローチ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意味論と語用論の現在
著作者等 Leech, Geoffrey N
内田 種臣
木下 裕昭
リーチ ジェフリー・N.
書名ヨミ イミロン ト ゴヨウロン ノ ゲンザイ
書名別名 Explorations in semantics and pragmatics
出版元 理想社
刊行年月 1986.12
ページ数 212p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-650-10443-1
NCID BN01024622
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87031269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想